キャリア
2014年 キャリア採用
堀内 保男
第二事業本部 営業第1G(ITソリューション担当)
文系にありがちな何と無く営業職として社会に出ました。ここまで来て今では「営業職が向いていたのだろうなぁ」と思えるようになりました。お客様の課題に真剣に取り組んで、結果がどう転ぼうが、その過程で築かれた信頼関係は自身の活動の成果だと考えています。

— 前職はどんな仕事をしていましたか?

日本リックに入社する前は、組み込み系情報機器の販売会社に勤務していました。

営業担当として、既存のお客様への拡販や、新規取引先の開拓も担当していました。主として、医療を含む、産業用機械やシステムメーカー様向けに、マスプロダクト製品であるコンピュータやモジュールをカスタマイズしたものや、専用品の設計開発~製造までの提案活動を行っていました。

— いま携わっている仕事・役割について教えてください?

主には、プログラマやシステムエンジニア、ネットワークの技術者など、ITエンジニアの派遣を行うための営業活動を行っています。システムインテグレーター様やソフトハウス様を中心に、各企業の情報システム部門などがターゲットになります。

案件の引き合いをいただくことはもちろん、就業中の派遣スタッフへのフォローなども行います。就業条件の調整や、就業中に起こる大小様々なトラブルへの対応も大切なミッションです。

— 入社前と入社後のギャップはありますか?

interview_horiuchi3

取り扱うサービスは変わりましたが、大きな括りでは、前職と同じIT業界といえますので、業界用語などでのギャップは感じませんでした。

一方、労働者派遣は許可業種でもあり、はたらいている派遣スタッフのみなさんは、ひとりひとりが労働者です。労働者派遣法や労働基準法など、労働関連の法律を時系列で正しく理解し覚えておく必要があり、この点が意外と大変なところです。

社風については、WEBサイトや面接等で感じていたとおり、明るく和気あいあいとした雰囲気の中で、毎日の仕事に取り組むことが出来ています。

— この仕事を通じて、何が身につきますか?

何よりも「対人対応力」、「コミュニケーション能力」ですね。この業界では、お客様はもちろん、派遣スタッフの皆さんも当然に「人」です。千差万別、十人十色、皆様とのコミュニケーションが成立しなくては、お役に立てませんので、身につくのはもちろん、強化しなくてはならないポイントです。

それと、労務関連の知識。あと、忘れてならないのは、社会保険や休業制度など、社会保障についての知識も身に付ける必要があります。雇用の動向は、世の中の景気と密接な係りがありますので、経済を読み解く力も身に付けることが出来ます。

— 仕事をしていく上で、心がけていることはどんなこと?

interview_horiuchi2

ポジティブに誠心誠意取り組むこと。「まずはやってみる」という点です。

何事もやってみなければわかりません。失敗もその経験が成果だと考えています。下調べ等である程度のことは見えてくると思いますが、それが成功するかどうかはやってみないと分かりませんので。関係する方々のお知恵を拝借しつつ真剣に取組むように心がけています。

— 自分なりのストレス解消やリラックス方法は?

仕事中は、忙しいときが多く、人との接点も多い。知らず知らずのうちにストレスが溜まっています。

そんなとき、家族との団欒は、心身ともに仕事を忘れ、自分自身をリラックスさせてくれます。それと、仕事を通じて、常に周りに人がいますので、ドライブに出かけたり、音楽や映画鑑賞などでストレスを解消しています。

もちろん、お酒も…「飲みに行く」のも最も大切なストレス解消方法のひとつです。

— 日本リックをどんな会社にしていきたいですか?

営業部門に所属している以上、プロフィットセンターであり続けなくてはなりません。

既存ビジネスの拡大は当然のミッションですが、他業界から中途で入社させて頂きました以上、その経験も活かしていきたいと考えております。そのためにも現状理解とお客様のニーズやシーズを見定めつつ、新たなソリューションが提案できるようになっていきたいです。

新しいことに、明るく元気にチャレンジし続けられる会社にしていきたいです。