介護サービスの仕事を知る

Helper
訪問介護ヘルパー

訪問介護ヘルパーとは?

勤務先は日本リックケアステーション各事業所
介護ヘルパーは主にお客様宅内での介護サービス提供となります
研修制度・キャリアプラン制度による毎年10名以上の資格取得者を輩出
訪問介護サービスは2種類
身体介護

ホームヘルパーが家庭を訪問して、食事の介助や排泄支援、入浴介助などを行う。

生活援助

ホームヘルパーが家庭を訪問して、家事や調理などを行う。入浴・排泄などの介助や、掃除、洗濯、食事の準備などのお手伝いを行うサービスをしています。

ご利用者様のご自宅を訪問し、ケアプランに沿って介護サービスを提供するお仕事ですが、介護ヘルパーとして従事していただく方へは、是非【サービス提供責任者】を目指し、介護のプロというポジションから【介護ビジネスのプロ】へキャリアを伸ばして下さい。

Day Service
デイサービス介護職員の仕事

デイサービス介護職員とは?

ご自宅で暮らす利用者様が日常生活の活性化などを目的として通所する「デイサービス」。デイサービスへ通所することで、規則的な生活リズムの保持、社会交流、心身の機能向上や維持、並びに利用者様ご家族の心身の負担軽減が図られるなど重要な役割を担っています。日常会話やレクリエーションなどを一緒に楽しみながら、あたたかな雰囲気の中で一日をすごしていただけるよう援助を行うのがデイサービス介護職員のお仕事です。

業務内容

地域密着型デイサービス りっくるにて介護スタッフとしてフロアでの業務をお願いします。ゆったりとした時間、利用者様にとって居心地の良い空間を提供することで、 利用者様自らが「デイサービスに行きたい」と思える施設作りをお願いします。

主な実務

施設内での移動介助・食事介助・口腔ケア・トイレ誘導や排泄介助などの身体的な介護、昼食配膳・お茶やおやつの提供など日常生活の援助、レクリエーションや体操の企画から実施まで通所される利用者様に関わる様々な業務をお願いします。入浴設備・運動器具を設置していないデイサービス りっくるでは、通所される利用者様お一人お一人とじっくり関わっていただくことができます。

Service Manager
サービス提供責任者の仕事

サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者は、「訪問介護」において、非常に重要なポストであります。 ケアプラン内容ついてケアマネージャーとの折衝と把握と拠点サービス力の把握を含めての、 介護サービスを提供するまでの【総合マネジメントの中核】を担うポジションと考え、日本リックケアステーションでは、 ケアプランをより良い付加価値を提供すべく、ケアマネージャーとサービス提供責任者の想いを汲み取るべく、打ち合わせを重ね、 コミュニケーション不足の解消し、利用者様への提供時の誤差を最小限に抑える努力を試みています。

業務内容
ヒアリング

ケアマネジャーから提出されるケアプランの認識共有を図ると同時に、介護を受ける本人とそのご家族から生活の状況やご希望を伺い、具体的なサービス内容を決めて、お客様とそのご家族に確認と了承を頂く為により「具体的な訪問介護計画書」を作成。

サービス開始

ヘルパーによるサービスが始まり次第、ケアプラン内容が利用者様に合っているか等を確認し、必要に応じてケアマネージャーと連携を取り、再度計画を立て直します。この流れを繰り返し、訪問介護サービスをマネジメントしていきます。

管理業務

ヘルパーの勤務内容や管理をするコーディネータ役をするのもお仕事です。素朴な疑問も一緒になって解決をしたり、急に体調が悪くなってお休みをすることになったヘルパーの代わりに自らサービスを行ったりもします。サービス提供責任者は、ヘルパーの良き相談役でもあります。

Care Manager
ケアマネジャーの仕事

ケアマネジャーとは?

利用者様の満足を提供するには、提供するプロセス構築の重視と考えます。その為にはサービス提供責任者との意思の疎通は不可欠な要素であるために、コミュニケーション不足を解消するハブとなる様、介護事業本部もバックヤードとしてフォローアップしていく体制です。理想の結果を求めるには、ゴールの選定、実現する為の目標を常に共有して、イレギュラーな事案に対して的確に解決し付加価値を上げるよう努めれるパートナーとしてケアマネージャーを捉えています。

業務内容

ケアマネジャーが行う主な業務は、介護保険制度において介護を必要とされる方、要介護認定を受けたご本人とそのご家族から介護事業者(サービス提供責任者)へのハブでありコーディネート役でもあります。双方に対するコミュニケーションスキルが必要となるポジション、いわば利用者様の「介護プロデューサー」でも有ります。

主な実務

ケアプランの作成や提供する【介護サービスの調整・管理】をサービス提供責任者などと連携を取って行います。ケアプランは独断で判断し決めるのではなく、ご本人のご希望やご家族のご希望を的確に判断し、相談しながら介護サービスを選んで作成をしていきます。お話し合いをして、生活の状況、心身の状態や介護の必要性を把握して戴きコミュニケーションを充分に取り、協調性を持って行う、責任が大きなお仕事です。

Welfare Tool Specialist Counselor
福祉用具専門相談員の仕事

福祉用具専門相談員とは?

用具の機能、使い勝手と、障害を持つ利用者の残存機能についての「知識と知恵」、ご利用者様のニーズにぴったり合う用具を利用者とともに選んでいく「調整力」がこの仕事は鍵となり、とても奥深いお仕事です。

業務内容

様々な用具や改修工事といった方法、適切なアドバイス、改善することだけではなく「利用者及びケアマネージャーへに価値ある提案」の訴求力という指標を軸に、求める人材への募集も力をいれております。その為に、介護事業本部としては事業部自体のケアマネジャー含め他社ケアマネージャーへの接触機会を増やし人的ネットワークの構築を創造しています。

主な実務

主にケアマネージャーからの要望に対し福祉用具のレンタルや販売、住宅改修の関連業務とその他、他社ケアマネージャーとの折衝。