訪問介護ヘルパー
2021年度 新卒採用
小林 沙織
りんく中野/介護職員初任者研修修了

2021年5月入社・常勤ヘルパー

— 学生時代は、どんな学生でしたか?

文学部英文科で英語や英文学を学んでいました。
イギリスの階級制度の研究をしたり、社会の構造には興味がありましたが、専門的に福祉や介護の勉強をしていたわけではありませんでした。

卒論では『クリスマス・キャロル』を英語で読んだのですが…なかなか大変でしたね(笑)

授業を休むことはほとんどなくて、自分で言うのも何ですが、すごく真面目な学生だったと思います。

— 学生時代(就職活動時)に目指していた、志望していた業界は?

学童や保育園での英語の教師など、英語業界を中心に探していました。しかし、ちょうどコロナ禍の始まりと就活が重なって…募集がなくなってしまったんです。

どうしよう?と思ったときに、曾祖母の介護などを見てきて、子どものころから身近な存在だった介護業界に方向転換を決めました。

— なぜ日本リックに入社を決めたの?リックの魅力とは?

コロナ禍で1次面接がオンラインだったのですが、第一印象で明るい会社だな~!と感じました。
他社のように厳しい雰囲気や、過度な深掘りがなくて。和気あいあいとした面接でした。

選考が進んで、対面面接や職場見学をさせていただいたときも、すごく明るい雰囲気だなという印象は変わりませんでしたね。

また、選考中に、実際に利用者様のお宅でサービスを見学させてもらえたのも印象的でした。
実際に自分が働いた時のイメージが湧きやすくて、個人的にはすごく良かったです。

— 現在の仕事内容は?

現在は、主に障がいをお持ちの利用者様へサービス提供をする事業所で、ホームヘルパーとして勤務しています。
小学生の下校に付き添ったり、実際に利用者様の体に触れて介助したり、いろいろなサービスに携わっています。

入社当初は移動支援といって、一緒に通学や散歩をしたり、病院に同行するサービスを主に担当していました。 慣れてきたら、だんだんとオムツ替えや入浴など、身体の介助も担当するようになりました。

— 仕事のやりがい、醍醐味・面白さって?

今担当しているご家庭で、お子様の英語教育に力を入れているご家庭があるんです。

ご家族のご意向で、お子様との下校中の会話はすべて英語で話しています。
まさか、こんな形で学んできた英語が活かせるとは思っていなかったですね…!驚くと同時にすごく嬉しいです。

あと、私は漫画やアニメ、ゲームを原作とした舞台観劇が好きなのですが、同じ趣味を持つ利用者様がいたときは驚きました…!
お部屋にグッズが飾ってあるのを見て、もしかして…と思って声を掛けたら判明しました。

こんな風に、色々な人に出会い、共通項で盛り上がったり、利用者様から新しい視点をいただけるのが、この仕事の醍醐味かもしれません。

— 逆に、この仕事をしていて大変だと思うことは?

この言い方は、相手にどう伝わるだろう? 相手はどう思うだろう?ということをいつも気を付けていますね。

直接利用者様に接して、関係を築いていく仕事なので、距離感のつかみ方や相手の方の性格に合わせたコミュニケーションをすごく意識しています。

あとは…電動自転車ではあるのですが、自転車移動が大変ですね。
大抵は5分や10分、遠くても20分程度なのですが、中には長距離移動になるサービスもあって。。中野から新宿、意外と遠いな?って(笑)

— 他には、どんなことに気を付けて仕事をしていますか?

利用者さんのお宅を出るときに、必ず元通りに原状回復することです。

利用者様のお宅は、ご家族とかほかの業者の方とか、いろいろな人が関わっている場所なんですね。
すべて元通りになっているか、小さく指差しをして一つ一つ確認しています。

指差し確認は、鉄道会社で働く父の影響です(笑) 目視のみでの確認よりも、かなり効果はありますよ。

— 将来の夢やキャリアビジョンは?

近年、外国人の方など、英語を必要とする方への介護サービスの需要が高まっているように感じます。

英語を使ったサービスを提供できる機会をもっと増やしていきたいですし、「介護」×「英語」の可能性を探しつつ、英語にも関わり続けたいですね。

— 就活生へのメッセージを!

就活生のみなさん
コロナ禍で大変なことも沢山あるかと思いますが、自分の道に突き進んでいってください!


現在募集中の求人はこちら

中途・新卒ともに随時募集中!非常勤OKの職種もありますのでお気軽にご相談ください