サービス提供責任者
2018年度 新卒採用
樽田 光広
早稲田事業所/介護福祉士
色んなお宅に行けて、色んな方に出会って・・・。こんなお宅があるんだ、こんな方が居るんだと、新たな発見が出来ることは単純に面白いです。

— ひと昔前、どんな学生でしたか?

大学の福祉学科で心理学を勉強していました。「社会福祉士」や「精神福祉士」を目指す同級生はいましたが、高齢者介護に関しては授業も少なく、自分自身も知識としてはほぼ無い状態でした。福祉にも強い興味を持っていたわけではなく、心理に興味があり学部選考をしました。

1~2年生の時は、授業をさぼって友人と高校野球の観戦へ行ってしまったり…という学生でした。

— 学生時代(就職活動時)に目指していた、志望していた業界は?

3年生になって、就職をどうしようか?という思いがずっと頭の片隅にありつつ・・・4年生になって就職活動を始めました。

はっきりと、この業界で働きたいというのはなく、漠然と人の役に立ちたいので福祉系、人材系の業界に興味を持ったという感じです。福祉系なら、施設ではなく在宅と考えていました。

— なぜ日本リックに入社を決めたの?リックの魅力とは?

interview_taruta2

介護事業と人材事業の両方をやっている会社で、自分のやりたい事が叶うと感じたからです。

面接を通じて、会う人、会う人の良さに惹かれました。いい意味で堅苦しくなく、面接なのでもちろん緊張はしてましたが、日本リックの面接では、自分自身が正常でいられたというか(笑)

素の自分を出せる居心地の良さが決め手だったと思います。

— 現在の仕事内容は?

現在は、サービス提供責任者として勤務しています。要介護から要支援のご高齢者、障がいをお持ちの方など様々な利用者様を担当しています。

月曜日の10時はA様、その後はB様、火曜日は9時からC様・・・と、毎週決まった曜日・時間で利用者様宅へ訪問し、プランに沿ってサービス提供も行います。朝、自宅から利用者様宅への直行する日もあります。常勤ヘルパーの頃と比べると、利用者様へのサービス提供の回数は少なくなり、事業所での帳票類作成など事務仕事が多くなっています。

自分の担当する利用者様のサービスがキャンセルになった場合は、会ったことはあるが担当ではない利用者様のサービスへ伺うこともあります。事業所での作業はシフト調整や、月初には自治体の横出しサービス関連のデータ入力、実績の〆作業などもあります。

— 仕事のやりがい、醍醐味・面白さって?

色んなお宅に行けて、色んな方に出会って・・・。こんなお宅があるんだ、こんな方が居るんだと、新たな発見が出来ることは単純に面白いです。

あとは自分が行ったサービスに対して、「ありがとう」と言ってもらえること。特に入浴介助の後の「ありがとう」は本当に嬉しいです。入浴介助は特に体力を使うので自分としても“やった感”が大きいのですが、ご利用者様も本当に入浴が気持ちよかった、ありがとうと言ってくれているように感じます。

ご利用者様宅を自転車で廻るというのも、この移動時間が気分転換になるので凄く良いです。

— 逆に、この仕事をしていて大変だと思うことは?

interview_taruta3

夏の暑い最中に、「入浴介助 ⇒ 自転車移動 ⇒ 汗だく」で利用者様宅へ到着してみたら、クーラーがない・・・。これは大変でした。

今まで見たこともないほど散らかっているお宅もあったりします。ただ、どんな環境が良いのかは、その利用者様ごとで、同じ掃除といってもやり方も違いますし、何事も利用者様に聞きながら進めています。

ご利用者様の体調が急変する可能性もありますし、臨機応変な対応は求められる仕事だと思います。

あとは道を覚えることも最初は苦労しました。サービスを拒否された時もどうしようかと思いましたし。こちらのプラン通りにいけば良いのですが、先輩のように上手な声掛けが出来るようになりたいですね。

— 将来の夢やキャリアビジョンは?

まずは、現場でしっかり学びたい。そして「介護福祉士」を取得し、現場も分かるサービス提供責任者になりたいと思っています。

そして、数字のことなども広く分かるようになって、所長や管理系の職種を目指したいです。

— 就活生へのメッセージを!

就職活動を進める上での”軸”を持っていた方が良いと思います。自分の気持ちがフラフラしていると、面接でも一貫性のない回答になってしまったり、ボロが出てしまったりして、思い描いていたゴールには辿り着けないかなと思います。

何でも良いと思うので、自分なりの“軸”を持って就職活動を頑張ってください。

現在募集中の事業所はこちら